日本の風俗事情

日本の風俗事情はどうなっているのか?

 

日本の風俗産業はかなり特殊になっている!?

 

日本の風俗産業についてはかなり特殊だと言うことができると思う。映画の96時間でもわかる通り、ヨーロッパや南米の売春宿というのは極めて不衛生で劣悪な環境になっている。

 

96時間で衝撃的なのは、へんな汚いプレハブ小屋のようなところにシートで10くらいベットが区切られていて、男たちが順番に女性たちとエッチするシーンがある。

 

相手をする女の子たちは、すべて麻薬漬けにされてフラフラの状態だ。そんな女たちを、お金を払って順番に男たちがセックスする。

 

まず、疑問に思うのが、衛生問題だ。あんな汚いところで、女の子とエッチしたら、すぐに病気になると思う。それに麻薬漬けの女の子とエッチなんかよくやる気になるなと思う。しかし、こういうシュチュエーションは、世界的に見ると標準レベルだということがわかる。

 

メキシコのトレードなどの映画を見ると、人目のつきにくい草むらの中にベットをしいてエッチしている。こういうのを見ると、本当に外国は野蛮だと感じる。

 

日本の場合はソープランドはそれこそ、お風呂だ。しっかりと石鹸できれいに体を洗いながらエッチする。ファッションヘルスなどの風俗もそうだ。ヘルスもしっかり体を洗って口の中までもイソジンで消毒してからエッチする。

 

こういう風俗の形は世界でも珍しい方なのだと思う。

 

新聞報道や雑誌の情報によると意外な事実がわかる

 

新聞や雑誌を見ると、すごく意外な事実がわかる。韓国から日本へ来る売春婦の数は、アメリカ、日本、オーストラリアが3大売春輸入国になっているそうだ。

 

日本だけでも韓国からすごい数の売春婦がやって来ているらしい。

 

しかし、私も、いろいろと風俗で遊んだ方だが今まで、1度も韓国人の女の人に出会ったことがない。韓国の売春婦の活動は、日本だと東京だけに集中しているんではないかと思う。

 

もしかすると、これらの統計は、韓国から来る水商売のホステスまでも数にカウントしているではないだろうか?

 

それだったら韓国パブがいたるところにあるから、この情報もよく理解できる。

 

いずれにしても、アメリカのような国ではさかんに、世界中の女性たちが売春婦として働きたいへんな目にあっている。ブラック企業の社員のように働かさせれて子宮がんでほとんどが死んでしまうということだ。

 

日本ではおそらく、そんな、痛々しい現実はないのだろうと思う。それは最近、大ヒットしているシャドウバースのようなオンラインゲームをやってみればわかる。

 

日本人は、風俗遊びにしても、それ相応のオンラインゲームに見られるような物語性みたいなものを求める。会ってすぐにエッチだとかそういうのが好きな人も中にはいるが、そういう肉体的な快感だけを満足するような国民性ではない。

 

トーンモバイルのような子供向けキッズスマホを販売する格安スマホ会社などががんばっていることもあり、スマホは日本でもすごいスピードで普及している。

 

このスマホの普及がいろんな売春情報などの提供窓口となり、悲惨な外国の現実などを無料で記事にして読ませてくれるようになった。こういうのが効いてきたのだと思うが、日本では貧しい高校生などに定額の給付金が配られるようになった。

 

情報化社会のいい例が現れたと思う。貧困や売春などの人類の負の面を救うのはこれからはハイテクだと思う。日本はそんなハイテクを世界で1番に普及させることができる国だと思う。

 

もっとスマホが普及すれば、日本だけは、外国のような悲惨な例が全くない社会が作れると思う。

 

新しい格安スマホ会社の活躍に期待しよう。