ヨーロッパ、南米の風俗事情

日本の風俗嬢の意外な真実

 

日本の風俗嬢の健康管理は世界一

 

日本の風俗の衛生管理は世界一だと思う。ヨーロッパなどの風俗嬢の衛生管理や健康管理はひどいものだ。

 

彼女たちはその日暮らしだが、日本人の風俗嬢の場合、普通の正業に数年働いて戻る確率が7割ぐらいある。それは、教育がしっかりしていることと単純作業の仕事がたくさんあることが理由だ。

 

それに、食生活に対する考え方がわりと日本人はしっかりしているのだ。

 

具体的な例で言えば、今、女性に大人気のフルーツ青汁などを、日本の風俗嬢は飲んでいる人が多い。風俗の仕事は、不規則な生活になるし、シングルマザーの人が多い。そういう人に手軽で良質の栄養分が補給できるフルーツ青汁のような健康食品は、とてもいい飲み物だ。

 

お通じに最高だし美容にもいい。朝ごはんを食べない代わりにも代用できる。

 

風俗を卒業して第二の人生を歩む時にも、フルーツ青汁のような飲み物を飲んでいれば、健康な状態で再スタートが可能だ。

 

こういうふうに、日本社会は、いろんなカタチで、新しい人生をスタートさせるための進んだ商品やサービスが溢れている。ここがヨーロッパなどと全く違う点だと思う。

 

美容に関してもしっかりした社会の日本社会

 

ヨーロッパの風俗事情などを聞いてみるとびっくりするが、もはや、1度路上の売春生活などに陥るとヨーロッパの風俗嬢たちは、ほとんど普通の生活に戻れない。

 

本当にヨーロッパというのは厳しい社会だと思うが、こういう実態が日本に知らされていないのはどうしてなのだろうか。

 

ルーマニアあたりだと、下水道の中などにもぐらのように、まだ、20代の男女が30人くらいで生活している。

 

日本でこんなことが起これば、日本中で大問題だと大騒ぎになるが、ヨーロッパではこんなことは知らんぷりだ。日本人はこういうヨーロッパの冷たい現実をしっかりと認識しながらヨーロッパの国との関係の築き方などをよく考える時が来たと思う。

 

そんな、過酷なヨーロッパと違い日本の場合、風俗を2年ぐらい経験してお金が貯まれば人生の再出発をすることが可能だ。そうした場合、意外に思うかもしれないが、強力に元風俗嬢をサポートしてくれるのが、現代の日本のコスメだ。

 

すごく効率的で安価そしてコンパクトな日本のコスメは、女性に時間をとらせずに美しさを維持させることを助けてくれる。こういう商品がたくさん提供される日本のような経済は第二の人生を歩む風俗嬢にはやさしい社会だと思う。

 

ナイトアイボーテなどの新コスメが大人気になっているが、単純に美しさを実現できるから、このような商品が大ヒットしているわけではない。

 

時間とお金の節約、そして、ささやかな楽しさなどを感じさせてくれるからこそナイトアイボーテのような商品は人気になっているのだと思う。

 

日本社会を支える楽しく安価なコスメをこれからも日本のコスメ会社はどんどん開発してほしい。