ヨーロッパ、南米の風俗事情

世界は間違いなく性病が大量発生する

 

世界は間違いなく性病が大量発生する

 

ヨーロッパの難民問題は解決に向かっているみたいな報道がなされている。そんなことを言っている人はヨーロッパ社会の本質を全く理解していない。

 

ヨーロッパというのは、昔からとんでもなく野蛮で不衛生な社会だ。風俗市場不衛生極まりなく性病の発生率も日本などとは比較にならないほど高い。

 

しかも、幼児ポルノ、同性愛、麻薬など、日本JKビジネスがどうのこうの言う人がいるかもしれないが、これはもう解決が不可能なレベルに達している。

 

これからの問題にこれから、大量の難民が参入してくることになる。

 

不衛生で劣悪な売春環境の中でも我慢して低賃金で働かなくてはならない女性たちが大量に増えるのだ。昔のペストや黒死病のような奇病があと数年でヨーロッパ中で猛威をふるうことになるだろう。

 

そんな中で日本人の中でも梅毒の発生率が異常に増加している現実がある。

 

これは、中国人の観光客の増加を正比例して増加していることから、中国人観光客からうつされてしまったことが濃厚だ。

 

だから、日本は性の問題に関しては、国内限定にしなければならない。つまり、風俗業はすべて日本人限定の国内産業にしてしまえばいい。

 

そうすれば、梅毒の増加などのたいへん憂慮すべき性病の増加問題などはすぐに解決できる。

 

それに、日本場合、アダルトコミックなどのオタク市場がスマホの普及で急激に成長してきている。まろん☆まろんなどの美少女系アダルトコミックの専門同人サークルが大人気になっている。

 

だから、日本政府はこういうアダルトなオタク産業に細かな規制をするのはやめた方がいい。

 

外国のわけのわからん病気を日本男性がもらってしまうよりも、スマホのアダルトコミックで発散してもらった方が経済的にも社会倫理的もすごくお得だと言えるだろう。